ニュース

2010.4.22

  

PressRelease

報道関係各位

  • アンドール株式会社
  • 本社:東京都中央区日本橋本町4-8-14
  • 代表者:代表取締役 小志田 一喜
  • 資本金:5億188万円

より簡便さを追求したCADシステム

CADSUPER Lite 2010年度版<新版>

省操作でますます実務的に!2次元CADの決定版!
5月10日より発売開始

アンドール株式会社(本社:東京都中央区 代表取締役 小志田 一喜、資本金:50,188万円)は、Windows XP/Vista/7対応CADシステムCADSUPER Lite(キャドスーパーライト)2010年度版を2010年5月10日より発売開始いたします。

CADSUPER Liteは、「簡単」「使いやすい」「データ互換」をコンセプトとした2次元CADシステムです。
CADSUPER Liteは、製図機能に限定し、シンプルなメニュー構成で直観的なオペレーション操作を実現しました。設計現場以外にも営業・製造現場や協力会社など幅広いユーザ様にご満足いただける環境を提供いたします。

■CADSUPER Lite 2010年度版の主な特長

  1. 操作性の強化-①(マウスジェスチャ機能の強化)<新機能>
    新機能のマウスジェスチャ機能により、マウス周辺でユーザが頻繁に使用する設定変更(コマンド・レイヤ・線種を含む)などをポップアップ表示し、機能切替えのためのマウス移動量を削減いたしました。
  2. 操作性の強化-②(ウインドウ操作機能の強化)
    特定の2枚の図面を並べて比較検討する際に利用しやすい様に2ウインドウ連動を新機能として搭載いたしました。マウスジェスチャ機能・2ウインドウ連動機能より画面の作図領域をフル画面で利用でき、操作性向上(従来比 約10倍)が実現いたしました。
  3. JIS標準部品 鋼材関係標準装備
    機械設計よく利用するJIS標準部品 鋼材関係(等辺山形鋼・I形鋼・T形鋼・H形鋼など)を標準装備。 ダイアログボックスから部品の寸法を選択し作図が可能です。同時に部品形状がリアルタイムにプレビュー表示されます。
  4. DXF/DWGデータの互換性強化-①(寸法属性付き変換のサポート)
    AutoCAD ⇔ Lite間での寸法線変換において、形状重視・属性重視など複雑な設定の違いを解消し、編集が可能な寸法線の寸法属性付き変換機能を強化いたしました。また今回、縮尺を持ったCADSUPER Lite図面も寸法属性付きでレイヤ縮尺を考慮した寸法属性付き変換が実現し、変換精度が大幅に向上いたしました。
  5. DXF/DWGデータの互換性強化-②(マルチテキストのサポート)
    2010年度版では、マルチテキストをサポートし、入出力・表示・編集・新規作成が可能となり、中国語・韓国語などの文字バケや大幅にはみ出した文字情報などデータ変換時のトラブルを大幅に改善し、実務で利用が可能なデータとなりました。

■販売価格

◇CADSUPER Lite 定価 ¥312,900- (内本体価格 ¥298,000)
◇年間サブスクリプション 定価 ¥31,290- (内本体価格 ¥29,800)
(保守料:別途有料)

■発売時期2010年5月10日

【このニュースに関するお問い合わせ】

アンドール株式会社 http://www.andor.co.jp/
担当:村田・恩田  E-Mail:info@andor.co.jp

〒103-0023
東京都中央区日本橋本町4-8-14
東京建物第3室町ビル
TEL 03-3243-1711 FAX 03-3516-8651