ニュース

2015年8月21日

  

お客様 各位

  • アンドール株式会社

CADSUPER Works 2015 インストールに関するお詫びとお知らせ

拝啓 貴社ますますご清祥のこととお喜び申し上げます。
平素は、CADSUPER Worksをご使用下さいまして、誠に有難うございます。

2015年7月15日以降にCADSUPER Worksをアップグレード または インストールした場合、 CADSUPER Worksが正常に動作しない現象が確認されています。
お客様には、大変ご不便、ご迷惑をおかけしますことを深くお詫び申し上げます。
現象及びその回避方法につきましては、下記の通りとなりますので、大変お手数をおかけ致しますが必ずご一読下さいます様ご案内致します。

敬具

                  - 記 -



■現象


 現在確認されている事象は以下の通りです。
 1.FeatureWorksを実行するとCADSUPER Worksが不正終了する。
 2.関係式を含むファイルを開くとDLLエラーが発生する。
 3.CADSUPER Works または、SOLIDWORKS Explorer実行時に「DWG Document
  Manager ライブラリが無効か存在しません。」と表示される。
 4.マクロの記録・実行・編集を行うとCADSUPER Worksが異常終了する。
 5.パック&ゴーを選択すると「SOLIDOWRKS DLLをロードすることができませんでした
  :sldshellutils」と表示される。

■原因


 Microsoftのセキュリティ更新プログラムKB3072630により、WindowsInstallerが
 変更され、CADSUPER Worksのインストールが一部失敗することによる。

■回避方法


 ①プログラムと機能から CADSUPER Worksをアンインストールする。
 ②こちらのzipファイルをダウンロードし、解凍する。
 ③「RunBeforeRepair_disable_KB3072630.reg」をダブルクリックする。
 ④CADSUPER Worksを再インストールする。
 ⑤インストールが成功したら「RunAfterRepair_enable_KB3072630.reg」を
  ダブルクリックする。

 9月初旬に公開予定のCADSUPER Works 2015 SP4では、通常のセットアップ手順にて
 インストールが可能になります。

バージョンアップ・インストールはCADSUPER Works 2015 SP4 をお薦めします。
SP4以前のバージョンをご使用の場合、上記方法を行って下さい。