ニュース

2015.3.4

  

PressRelease

報道関係各位

  • アンドール株式会社
  • 本社:東京都中央区日本橋本町4-8-14
  • 代表者:代表取締役 笹淵 裕司
  • 資本金:5億188万円

2次元/3次元統合CADシステム

CADSUPER Works 2015年度版 <新版>

『高度な3次元設計環境』と『自由度の高い2次元設計/図面作成環境』の共存!!
3月10日より発売開始

アンドール株式会社(本社:東京都中央区 代表取締役 笹淵裕司、資本金:50,188万円)は、2次元/3次元統合CADシステムCADSUPER Works(キャドスーパー ワークス)2015年度版を2015年3月10日から発売開始いたします。

CADSUPER Worksは、高度な3次元設計機能と自由度の高い2次元設計機能が、専用の連携機能により融合した2次元/3次元統合CADシステムです。また、アンドール独自の高度なデータ補正機能により2次元図面上での操作に適した“使える2次元データ化”を実現し、上流での品質の作り込みから図面作成まで、全方位の設計支援環境を提供いたします。

2008年2月に発売以来、お客様より、設計情報伝達方法として3次元データと2次元図面データを併用して利用していきたいとの意見を多数いただきました。これらの要望に応えるべく、データ品質の向上、設計資産である2次元図面データの活用(既存図面からのオリジナルコマンドによるモデリング機能)、3次元データとの属性連携(寸法・部品・穴)などお客様のご要望を最優先に強化してまいりました。CADSUPER Works 2015年度版では、最も要望が多かった2次元と3次元のシームレスな連携強化をいたしました。

◆CADSUPER Works 2015年度版の主な特長

1.専用3次元モデル→2次元図面へのシームレスな連携機能

(1)図面作成処理速度の高速化

投影する図面投影処理速度は、CADSUPER Works2014年度版と比較して最高90%の速度向上が実現し、大幅な高速化が実現いたしました。

(2)3Dモデル部品名の2Dレイヤ情報強化 

3次元モデルから2次元図面作成時における、要素のレイヤ分け機能を搭載しております。組立図の部品ごと、あるいは寸法、補助線、隠線等によってレイヤを分けることにより図面の編集、管理が容易になります。CADSUPER Works2015年度版では、3次元モデルの部品名が2次元図面のレイヤ名としてそのまま利用可能となり、業務効率の向上が実現いたしました。

(3)3Dモデル色情報の2D図面情報継承

3次元モデルを部品や面ごとに色別表示させたものを図面に投影できます。色別表示した組立図を投影することで、よりわかりやすい図面を作成でき、部品の加工指示や高さ表現等にも利用できます。
従来は2次元テンプレートに設定された色のみを投影し、それ以外の色は初期値の色になっておりました。CADSUPER Works2015年度版では、テンプレート以外の色情報を自動的に作成できるため、3次元モデルの色を忠実に再現できるようになります。

(4)投影図面縮尺変更機能<新機能>

3次元モデルデータから2次元図面投影時、図面縮尺が異なる場合がございます。
CADSUPER Works2015年度版ではあらかじめ、仮表示機能によって表示させ、投影前にユーザ側で縮尺変更が何度でも変更可能となりました。

(5)投影図作成時の視線方向に対応

モデルデータによっては、モデル原点や配置角度が投影図取得方向と異なる場合がございます。
CADSUPER Works2015年度版では、モデル原点や配置角度が異なる部品形状の場合でも、現在表示している方向(現視線方向)を基準とした三面図投影などが可能となりました。

(6)投影図更新機能の強化<新機能>

3次元モデルから投影図を作成した後に2次元機能で断面図を作成した際、3次元モデルでの設計変更が発生した場合でも投影図、断面図のどちらにも形状変更を反映させることができます。
従来は、2次元機能で作成した断面図においては形状の更新情報は反映されませんでしたが、お客様のご要望により、2次元機能で作成した断面図に対しても更新され、断面図を再取得する必要がなくなります。

2.専用2次元図面→3次元モデルへのシームレスな連携機能

(1)部品ファイル内での機械要素部品配置機能<新機能>

2次元機能に搭載しているJIS機械要素を3次元機能の部品ファイル内で利用できるようになります。
従来はアセンブリ機能が搭載されているモデル(Basicモデル以上)でのみ、機械要素を利用しておりましたが、部品ファイル内でも簡単に機械要素を配置できるようになります。

(2)機械要素編集機能の強化<新機能>

JIS機械要素配置機能で配置したデータの置き換え/編集ができるようになります。
既存のファイルから設計変更が発生した場合、決まった部品を置き換える作業が発生した場合、従来は部品を削除し、再配置する必要がありました。置き換え/編集の機能を強化したことにより、1コマンドで古い部品を新しい部品に置き換えることが可能です。

(3)鋼材レイアウト機能に鋼管部材の種類を追加<新機能>

鋼材を利用したモデルを作成するときに便利な鋼材レイアウト機能の種類に、新しく「鋼管」の種類を搭載いたします。配管設計をする際に従来まではJIS規格に基づくサイズがありませんでしたが、JIS規格に基づく鋼管の種類を追加することで、鋼管レイアウトを配置するだけで配管設計ができます。

3.3次元CAD機能の強化(Powered by SOLIDWORKS)

Windowsに完全準拠した操作性のよさと革新的な機能群、コンフィギュレーション機能など優れた3次元設計環境を提供いたします。アセンブリでは、トップダウン/ボトムアップ両方の設計手法をサポートしています。また、設計者による解析作業が当たり前になっている為、構造解析・機構解析機能を搭載(Premiumモデル)しています。

4.2次元CAD機能の強化(Powered by CADSUPER)

国産ベストセラー2次元CADシステム CADSUPERシリーズの最新システムCADSUPER 2015/Liteと同等機能を提供いたします。製造業のさらなる『設計納期短縮』と『図面の高品質』を実現するために、設計支援ツールとしてプロフェッショナルをも満足させる操作性を重視した2次元設計環境を提供いたします。

■製品価格

◇Miniモデル 定価 ¥398,000-(税抜価格)+消費税
◇Liteモデル 定価 ¥780,000-(税抜価格)+消費税
◇Partsモデル 定価 ¥980,000-(税抜価格)+消費税
◇Basicモデル 定価 ¥1,200,000-(税抜価格)+消費税
◇Basic+Drawingモデル 定価 ¥1,380,000-(税抜価格)+消費税
◇Proモデル 定価 ¥1,400,000-(税抜価格)+消費税
◇Pro+Drawingモデル 定価 ¥1,580,000-(税抜価格)+消費税
◇Premiumモデル 定価 ¥1,800,000-(税抜価格)+消費税
◇Premium+Drawingモデル 定価 ¥1,980,000-(税抜価格)+消費税
(年間サブスクリプション:別途有料)

■発売時期2015年3月10日

CADSUPER Works 2015年度版 製品ページへ >>

【このニュースに関するお問い合わせ】

アンドール株式会社 http://www.andor.co.jp/
担当:秋元・村田  E-Mail:info@andor.co.jp

〒103-0023
東京都中央区日本橋本町4-8-14
東京建物第3室町ビル
TEL 03-3243-1711 FAX 03-3516-8651

CADSUPER Works 2015年度版 <新版>