ニュース

2019.02.12

  

PressRelease

報道関係各位

  • アンドール株式会社

2次元/3次元統合CADシステム
『高度な3次元設計環境』と『自由度の高い2次元設計環境』の共存!

CADSUPER Works 2019 年度<新版>

3DPMI(製品製造情報)の出図で製造工程の効率化を実現

 2D/3D設計ソフトウェアのアンドール株式会社(本社:東京都世田谷区、代表取締役社長:栗原高明、東証JASDAQ上場:証券コード4640)は、2次元/3次元統合CADシステムCADSUPER Works(キャドスーパー ワークス)2019年度版を2019年2月21日から発売開始いたします。

 CADSUPER Worksは、高度な3次元設計機能と自由度の高い2次元設計機能が、専用の連携機能により融合した2次元/3次元統合CADシステムです。また、アンドール独自の高度なデータ補正機能により2次元図面上での操作に適した“使える2次元データ化”を実現し、上流での品質の作り込みから図面作成まで、全方位の設計支援環境を提供いたします。

 2008年2月に発売開始以来、お客様より、設計情報伝達方法として3次元データと2次元図面データを併用して利用していきたいとの意見を多数いただいておりました。こうした要望に応えるべく、CADSUPER Works 2019年度版ではお客様のご要望が多かった、データ品質の向上・3次元データからの投影機能と属性連携(寸法・部品・穴)機能など最優先に強化をいたしました。


CADSUPER Works 2019 年度版の主な特長

1.3次元→2次元連携機能

(1)幾何公差及びデータム配置機能  <新機能>

 2016年版のJIS製図において、「製品の幾何特性仕様(GPS…Geometrical product specifications)-寸法の公差表示方式」が公開されました。CADSUPER Works 2019年度版ではGPS対応により、投影図コマンドのアノテートアイテムの出力時、理論的に正確な寸法、データム、幾何公差、注記内の特殊記号、はめあい公差での積重ね・直線状の出力も可能となりました。

 

(2)組立図レイヤ別配置機能 <新機能>

 従来は、レイヤ別で表示した際、部品と部品が重なっている部分は隠線で表示されていましたが、CADSUPER Works 2019年度版では、組立図コマンドで構成部品ごとに投影形状を取得する機能を搭載しました。投影された2次元図面は隠線処理等の影響を受けずレイヤを作成して図面化が可能となりました。

(3)溶接カットリスト機能 <新機能>

 CADSUPER Works 2019年度版では、部品を投影図に配置する際に、溶接カットリスト(番号、個数、カットリスト名、長さなど)を表配置する機能を搭載しました。この機能により、2次元で新たにカットリストを作成せずに、投影図と一緒に自動出力が可能となり、大幅な時間短縮となります。
 

(4)正接エッジ隠れ線レイヤ作成機能 <新機能>

 CADSUPER Works 2019年度版では、投影図・断面図等の配置の際に、「正接エッジ隠れ線レイヤ」を作成し、そのレイヤに振り分けて配置する機能を搭載しました。
 

(5)投影図更新機能 <新機能>

 A.詳細図の寸法線更新
  CADSUPER Works 2019年度版では、投影図更新で詳細図レイヤに配置した寸法線更新に対応しました。
 

 B.省略図の投影図更新
  CADSUPER Works 2019年度版では、投影図更新で中間省略図・対称省略図の投影図更新に対応しました。
 

(6)機械要素平面図の基準方向補正 <新機能>

 CADSUPER Works 2019年度版では、機械要素の投影配置で、平面図形状時に0・90・180・270度の基準方向に補正して配置する機能を搭載しました。3次元モデル上で表示されているボルトの傾きを補正することで、図面上で違和感なく配置いたします。
 

(7)スケッチ点投影機能 <新機能>

 CADSUPER Works 2019年度版では、スケッチに描かれている点も出力できるようになりました。これにより、スケッチ上の基準点や円の中心などの加工に必要な点などを出力することができ、寸法記入などによって、図面を仕上げる時間が短縮できます。
 



(8)投影図更新メッセージ  <新機能>

 CADSUPER Works 2019年度版では、CADSUPER内に配置した投影図のプロパティと投影図一覧で、投影図の更新が必要な状態を表示いたします。
これにより、2次元図面と3次元モデルとの差異を少なくできます。
 




2.3D設計補助機能

(1) 円形の輪郭でのスイープ機能 

 2Dto3Dコマンドのスイープモードに、円形の輪郭でスイープ形状を作成する機能を搭載しました。これにより、パスと円の半径を入力するだけで、スイープ形状を作成できます。

 

(2) ボディ色設定コマンドの構成部品編集対応 

 部品を開くことなく、アセンブリの[構成部品編集]モードで、ボディに色付けができます。

 


3.PDM機能(Search Manager Pro2)

 「Search Manager Pro2(サーチ マネージャー プロツー)」機能は、CADSUPER Worksのアセンブリデータに対応した参照管理やチェックイン/チェックアウトができるPDM機能です。 この機能を利用することで、Windowsサーチ機能を利用した図面の全文検索ツールや3Dモデルに対応したデータ管理ツールとしての活用が可能となります。


4.3次元設計機能 (Powered by SOLIDWORKS)

 Windowsに完全準拠した操作性のよさと革新的な機能群、コンフィギュレーション機能など優れた3次元設計環境を提供いたします。アセンブリでは、トップダウン/ボトムアップ両方の設計手法をサポートしています。
また、設計者による解析作業ができるPremiumモデル(構造解析・機構解析)までございます。

5.2次元設計機能 (Powered by CADSUPER)

 国産ベストセラー2次元CADシステムCADSUPERシリーズの最新システムCADSUPER 2019/Liteと同等機能を提供いたします。製造業のさらなる『設計納期短縮』と『図面の高品質』を実現するために、設計支援ツールとしてプロフェッショナルをも満足させる操作性を重視した2次元設計環境を提供いたします。



◆発売時期 2019年2月21日  
     
◆販売価格    
      ◇Partsモデル 定価  ¥980,000- (税抜価格)+消費税
  ◇Basicモデル 定価 ¥1,200,000- (税抜価格)+消費税
  ◇Basic+Drawingモデル 定価 ¥1,380,000- (税抜価格)+消費税
  ◇Proモデル 定価 ¥1,400,000- (税抜価格)+消費税
  ◇Pro+Drawingモデル 定価 ¥1,580,000- (税抜価格)+消費税
  ◇Premiumモデル 定価 ¥1,800,000- (税抜価格)+消費税
  ◇Premium+Drawingモデル 定価 ¥1,980,000- (税抜価格)+消費税
(年間サブスクリプション:別途有料)



【本件に関するお問い合わせ先】

アンドール株式会社 プロダクツ事業部
担当:秋元・村田
電話:03-3419-6011 FAX :03-3421-5211 E-mail:sales@andor.co.jp

CADSUPER Works 2019<新版>

<組立図レイヤ別配置機能>

 


アンドール株式会社