製品情報

3Dデータセンター

 

 

 

「3Dデータセンター」とは?

「3Dデータセンター」はCADやCGなどの3Dデータを作成するサービスです。

 3Dプリンタを利用して試作を「速く、安く、多様に」行いたい場合、試作品の3次元化されたデータが必要になります。「3Dデータセンター」では、ご自身で3Dデータを作成する手段を持たないお客様や、3Dデータ作成の時間やトータルコストを削減したいお客様に対して、2D CADデータ、手書き図面、現物、さらには写真などをもとにして3Dデータを作成致します。

また、「3D造形センター」との連携により、3Dデータの作成から3Dプリンタでの造形までを一貫して承ります。3Dプリンタを熟知した技術者による設計要件の定義と3Dプリンタの特性の双方を考慮した3Dデータ作成により、3Dプリンタでの造形トラブルをなくし精度の高い立体物を完成させます。

もちろん、3Dプリンタ出力を前提としていない場合であっても、様々なパターンでの3Dデータ作成を承ります。

3Dデータ作成サービス

 「3Dデータセンター」では、お客様の作りたい”モノ”の「情報」を以下の形でご用意いただければ、対応した3Dデータ作成が可能です。
3Dデータはお客様の目的に適した形式で作成致します。3D CADや3D CGはもちろん、3Dプリンタへの出力に適した形式にも対応しております。

  1. 2D CADの図面データ

  2.  2DCADの図面データを元に3Dデータ(3D CADデータや3Dプリンタ用のSTLファイルなど)を作成します。既に形状がデジタルに表現されていますので、正確で迅速な3Dデータ作成が可能です。

  3. 紙図面

  4.  紙図面を元に3Dデータを作成します。図面を参照しながら、正確な3Dデータ作成を行います。

  5. 写真・イラスト

  6.  写真・イラストから3Dデータを作成します。詳細なヒアリングに基づき、お客様が作りたいモノをデジタルに再現します。お客様のアイディアを形にするため、専門的な設計提案をさせて頂くこともございます。

  7. 現物

  8.  現物から3Dデータを作成します。計測を行い忠実に3Dデータ化することはもちろん、「一部のサイズを変更したい」「デフォルメを行いたい」といったご要望にも対応致し
    ます。

 

 

3Dプリンタによる造形サービス

アンドールでは「3Dデータセンター」サービスと連携する形で3Dプリンタでの造形サービスも提供しています。その特徴は以下の通リです。

  • 3Dモデリングサービスにより、3Dプリンタに最適化したモデリングやデータ編集が可能
  • 造形する3Dプリンタの種類(造形方式)や材料についてのアドバイスを行う
  • 3Dデータ作成や3Dプリンタおよび材料の選択を含め、お客様の造形に関するご要望をトータルにサポート

なお、3Dプリンタや3Dスキャナー(測定機)の導入をご検討のお客様は「3D関連機器導入相談」のページをご覧ください。

3Dデータ作成、造形までの流れ

1.まずはご相談下さい
・このデータは3D化出来るだろうか?
・3Dプリンタには詳しくないけど、試作品を作ってみたい
・3Dに関する相談に乗って欲しい
・アイディアはあるので、それを形にして欲しい
このような方々は是非ともご相談下さい。

2. ヒアリング
 弊社担当者がメールや電話で連絡を差し上げ、詳細について伺います。場合によっては、打ち合わせを設定致します。このヒアリングはお客様のご希望を正しく把握するために必要なステップとなります。また、必要な場合には詳細なお話を伺う前に秘密保持契約を結びます。

 

3. 提案、見積
 2のヒアリング結果を元に、最適な製品やサービスを提案致します。また、費用や納期についても見積を提出致します。また必要に応じて、製品のデモなどを行うこともございます。
もちろん、提案内容についてはお客様と協議の上で最適な内容にブラッシュアップ致します。


4. 発注から納品まで
 私共の提案内容についてご納得頂けた場合には、お取引成立となります。提案内容にある成果物や製品を提示した期日までにお納め致します。

 

造形サービスのお問い合わせ