製品情報

3D関連機器導入相談

概要

アンドールでは3Dプリンタや3Dスキャナーに関係した、お客様の様々な課題やお悩みにお応えするサービスを提供しています。 「どんな3Dプリンタを導入すれば良いか分からない」「3Dプリンタ用に3Dデータを作成して欲しい」「3Dスキャナーに興味があるけど、こんな使い方は出来るのだろうか?」「3Dプリンタでの出力サービス利用の相談に乗って欲しい」「3Dプリンタや3Dスキャナーのデータを扱えるアプリを導入したい」などなど、3Dに関することなら何でもお知らせ下さい。 ご相談、ご用命はこのページの下部にあるお問い合わせフォームからお願い致します。

【3Dプリンタ導入】

    3Dプリンタには、造形方式、素材、価格などの違いで様々な種類があります。お客様が3Dプリンタを使って何を作りたいのか、どんな問題を解決したいのか、ご予算は、そういったご事情を詳細に伺い、幅広い取り扱い製品の中から最適な3Dプリンタをご提案致します。

    カタログスペックを見ただけではなかなか分からない、製品による得意不得意や過去の実績なども考慮し、失敗しない3Dプリンタ選びをお手伝い致します。

     




    3Dに出力するためのデータ作成や、3Dプリンタを用いた造形サービスについては、「3Dデータセンター」のページをご覧ください。

【3Dスキャナー、3D計測器 】

    3Dプリンタの普及にともない、3Dデータを得るためのツールとして3Dスキャナーも注目されています。人物などをハンディタイプの3Dスキャナーでデータ化して、それを3Dプリンタに出力する、といった使い方がよく知られていますが、3Dスキャナーの使用法はそれだけではありません。

     

    極めて高精度な機構を持ち、リバースエンジニアリング(設計データのない部品・製品をスキャンしてCADデータ化すること)や製造誤差検査(製造品のサイズと設計データとの比較)に使用出来る3D計測器があります。精度や光沢表面の計測性能に優れた機種をご提案致します。

     

    長距離レンジでのカラースキャンが可能で、街並、建造物、工場、船舶、建物内部などを3Dデータ化出来るタイプの3Dスキャナーもあります。これまでは建造物や街並を測ることは想定外だったかもしれませんが、それらを測定し色付きの3Dデータを得ることが可能です。

     

    「こんなものを測って3Dデータ化したいのだけど…」といったご相談をお待ちしております。

3Dに関する課題をお聞かせ下さい

1. 問い合わせ
下の問い合わせフォームから、お客様のご要望ついて概要をお知らせ下さい。

 

2. ヒアリング
弊社担当者がメールや電話で連絡を差し上げ、詳細について伺います。場合によっては、打ち合わせを設定致します。このヒアリングはお客様のご希望を正しく把握するために必要なステップとなります。また、必要な場合には詳細なお話を伺う前に秘密保持契約を結びます。

 

3. 提案、見積
2のヒアリング結果を元に、最適な製品やサービスを提案致します。また、費用や納期についても見積を提出致します。また必要に応じて、製品のデモなどを行うこともございます。
もちろん、提案内容についてはお客様と協議の上で最適な内容にブラッシュアップ致します。

 

4. 発注から納品まで
私共の提案内容についてご納得頂けた場合には、お取引成立となります。提案内容にある成果物や製品を提示した期日までにお納め致します。

造形サービスのお問い合わせ