製品情報

CADSUPER Works優遇税制措置対象製品

FAQ - 投影図更新機能

一度作成した投影図を3Dモデル変更に追従して更新させる「投影図更新機能」!

CADSUPERWorksでは、一度2次元図面へ投影図を作成した後に3次元形状の変更があった場合、
「投影図更新コマンド」を実行するだけで、図面に更新情報を反映させることができます。

■2次元CADで作成した寸法線の更新!

2次元CADで作成した寸法線に関しては自動更新するか、手動で変更するか、選ぶことができます。
2次元で加工用の寸法線を作成した場合、3次元形状の寸法線と別として運用したい場合に便利です。

※3次元モデルから投影した寸法線は自動的に更新されますが、2次元CADで追加した寸法線は更新の確認ダイヤログを表示させ、ユーザーが判断できるようになっています。(すべて自動的に更新させることもできます)