製品情報

CADSUPER Works優遇税制措置対象製品

FAQ - 鋼材レイアウト設計

FXⅡ機械要素の鋼材機能で3次元鋼材レイアウト設計!

3次元設計機能の中に、立体的な3次元スケッチを参照しながら鋼材を配置させる『鋼材レイアウト』機能があります。アセンブリ機能で1本1本の鋼材を扱う必要がなく、1つの部品ファイルの中で1つのレイアウトを作成することが出来ます。

取り込み例)2次元CADデータを3次元CADに取り込んだ場合

※3次元のスケッチでは2種類の線種(実線/作図線)のみ使用されます。2次元の図面を使ってモデリングする場合に必要な部分の作図線を実線に切り替える作業が発生します。 ⇒線を1本1本チェックして切り替えるので、大変面倒な作業です。

■ここがポイント!

①ISO,ANSI規格とFXⅡ機械要素の鋼材(JIS規格)と同じ規格を利用することもできます。

②3次元スケッチは、使い慣れた2次元三面図からスケッチインポートで簡単作成!

<3次元スケッチを新規で作成する場合>
土台のスケッチを作成、立体的な拘束(x,y,z方向)を考慮しながらのスケッチ、最終的な完全定義をさせるための拘束関係の追加など複雑な作業を繰り返し行うことで3次元スケッチを完成させます。

※一度、拘束条件を間違えて、重複定義になってしまうとどこを修正していいのかわからなくなってしまいます・・・。

<CADSUPERWorksのスケッチインポート機能を利用する場合>
既存の三面図があれば、必要なスケッチを3次元空間へスケッチインポートするだけで、3次元スケッチが完成! 既存図面がなくても、描き慣れた2次元の三面図を作成し、3次元へスケッチインポートするだけです。

アンドール調べ