製品情報

CADSUPER Works優遇税制措置対象製品

FAQ - インポート線種機能強化

インポート線種機能の強化! より実務的になりました

2次元図面の取り込みを行うと、設計者が意図しない線情報になるケースがあります。
インポート線種機能により2次元図面の線種(実線・破線・一点鎖線・二点鎖線など)を3次元モデルのスケッチの線種(実線・作図線)に割り当てることができるようになり、より実務的になりました。

取り込み例)2次元CADデータを3次元CADに取り込んだ場合

※3次元のスケッチでは2種類の線種(実線/作図線)のみ使用されます。2次元の図面を使ってモデリングする場合に必要な部分の作図線を実線に切り替える作業が発生します。 ⇒線を1本1本チェックして切り替えるので、大変面倒な作業です。

■ここがポイント!

CADSUPER Worksでは、2次元図面を3次元にエクスポートする時に変換線種(実線/作図線)を指定して おくだけで、簡単にデータが渡ります。

CADSUPERWorksに取り込んだ後にデータを再度配置し直す手間が省けますです。

①[ツール]-[エクスポート]-[CADSUPER Works]を選択します。
②「スペース」キーを入力します。
線種の変換が表示されます。

実線、破線、一点鎖線、二点鎖線、点線、補助線などの線種単位で変換を指示でき、非常に便利です。

③ エクスポートする図形を選択して、エクスポートを実行します。
④ CADSUPER Worksでデータをインポートします。

例)回転コマンドでの認識