製品情報

CADSUPER Works優遇税制措置対象製品

FAQ - 投影図パス変更

CADSUPERWorks 『投影図ビューの参照パスの変更』

CADSUPER Worksで作成したモデルをFXⅡに配置した投影図ビューの参照しているファイルへのパス変更が簡単に行えます。

■ここがポイント!

FXⅡの図面ファイルと投影図の対象のアセンブリモデルファイルを、別フォルダに移動した場合などに非常に便利です。

<操作方法> データを別フォルダに移動した後の操作になります。
①[投影図]-[投影図一覧]を選択します。

② パス変更するデータを選択し、[参照パス変更]をクリックします。

③ 検索パスを設定し、[OK]をクリックします。

④ 参照パス変更結果で、[OK]をクリックします。

データを整理後もリンク先を簡単に変更できるので、データを再度配置し直す手間が省けます