製品情報

CADSUPER連携 for SOLIDWORKS

概要

CADSUPER と3DCADソフトウェア SOLIDWORKSを効率的に利用する為の連携アプリケーションです。お持ちのSOLIDWORKSでCADSUPERとの連携機能コマンドが使用できます。

【 CADSUPER連携 for SOLIDWORKS 主な特長 】

専用の2次元図面→3次元モデル連携機能の提供

  • 既存の2次元図面を3次元空間に簡単取り込み
  • スケッチ形状指定の簡単モデリング機能
  • 組図を利用したトップダウン設計機能

専用の3次元→2次元連携機能の提供

  • 3次元穴フィーチャーと2次元JIS機械要素連携機能
  • 3Dアノテート寸法線配置機能
  • 3D設計変更時の寸法線自動更新の機能
  • アセンブリ構成情報の配置機能

2次元図面 ⇒ 3次元モデル連携機能

●既存の2次元図面を3次元空間に簡単取り込み
2次元図面内の三面図(単面図~六面図まで可能)をダイレクトに3次元モデル内のスケッチ平面にインポート(取り込み)することができます。インポートと同時に2次元図面上の寸法線やスケッチ拘束を追加することもでき、2次元図面の設計意図も同時に取り込みが可能となります。

●スケッチ形状指定の簡単モデリング機能
アンドール独自のモデリング機能『2Dto3D』を利用することで、既存図面からの3次元モデル作成操作に於いて、驚きの省操作を実現致しました。『2Dto3D』コマンドでは、3次元空間上に配置されたスケッチ(2次元形状)の輪郭や作図範囲を指定するだけで、立上げ距離などの数値入力を行わずに直感的に3次元モデルを作成することが可能です。


●組図を利用したトップダウン設計機能
2次元組図(集合要素・部品及びレイヤ分け)からダイレクトに3次元アセンブリ内に部品単位に区別された形状(ブロック要素)としてインポートする機能です。既存の組図から省操作でアセンブリモデリングが可能。 解析や機構シミュレーション機能などを利用し、製品の品質完成度向上の実現ができます。

3次元モデル ⇒ 2次元図面モデル連携機能

●3Dアノテート寸法線配置機能
3次元設計上に配置しているアノテートアイテム(3次元寸法・注記など)から2次元図面作成時、寸法線属性として置換えをする機能です。2次元図面での寸法線編集など自由度の高い設計環境を提供いたします。

●3D設計変更時の寸法線自動更新の機能
3次元設計上で変更が発生し、3次元データの更新が行われた場合、2次元投影図の更新と同時に追記された寸法線を自動更新いたします。CADSUPER連携forSOLIDWORKSでは、2次元図面上の寸法線の更新設定の有無も可能です。

 

 

 

●アセンブリ構成情報の配置機能
3次元設計情報から部品表テンプレートの情報を元に、2次元図面内にも部品表を配置できます。
またアセンブリデータの組図と各構成部品図を一括で三面図出力する事ができるため、大幅な工数削減が可能となります。
また、出力した図面データを指定のフォルダに自動保存する機能も搭載されました。