製品情報

TotalFileGuard(ファイルプロテクションシステム)

概要

情報漏洩対策に適した、Total File Guardは、ファイルを自動暗号化して、作成、送信から削除にわたる全過程を管理し、機密情報や知的財産をガードする製品です。
対応アプリケーションは豊富で、通常のビジネスシーンで使われるほとんどのアプリケーションを網羅しています。 また、中国国内で使用する場合において、現地で利用許可申請をせずに使用できる、数少ない製品です。
ハッキングや不正持ち出し等、様々な手法でファイルが流出しても情報を守る「根本対策」や、外部渡した後も情報を守る「2次漏洩対策」の用途でもご使用いただけます。

自動暗号化による企業内情報セキュリティ

ある調査では、情報漏洩の原因で、第1位「紛失(32.6%)」第2位「誤送付・誤配布(27.5%)」第3位「盗難(8.7%)」となっています。いわゆるミス・不注意による漏えいが全体の約70%を占めています。そこで、平時の社内保管からファイルを暗号化して運用する、TotalFileGuardにお任せください。TotalFileGuardはファイルを暗号化して保管しますが、ファイル操作には全く変更を必要とせず、すべて自動で暗号/復号化を行います。万が一情報が外部に流出しても、暗号化によりファイル内容の流出まで影響が及びません。「転ばぬ先の杖」としてTotalFileGuardが役立ちます。

TotalFileGuard (TFG) の6大特長

1. 全過程をコントロール

文書作成~送信~削除までのファイル・ライフサイクルを完全にコントロールします。

2. 意識させない保護

ファイル種類、操作手順を変更することなくファイルの暗号化を行えます。暗号化ファイルを開くためにわざわざ専用ソフトウェア等を使用する必要はなく、ユーザの操作に影響を与えません。

3. データ漏洩防止

USBメモリ・CD-ROM・Bluetooth・電子メール・FTP・無線LAN等、あらゆるモバイルデバイス及び通信機器からのデータ漏洩を防止します。

4. 全過程の追跡

詳細なファイル操作ログ(開く・編集・コピー・移動・リネーム・削除)や、印刷ログ及びウォーターマーク技術を組み合わせた印刷物の追跡、あるいはレポート機能によるログ監査を行います。

5. 対応フォーマット多数

現在300種類以上のアプリケーションの対応実績があります。 ※1

6. 国際認証基準への対応

ISO27001/BS7799、ISO13335、Sarbane-Oxleyの情報保護と安全管理の基準に対応しています。

7. 中国拠点でも使用可能

中国政府(公安部)から発行された販売許可証あり! ※2

※1 MS-Office, Adobe Acrobat, CADSUPER Works, CADSUPER FXⅡ, CATIA, Pro/E, AutoCAD, Inventor, NX, SOLIDWORKS, SolidEdgeなど ほぼ全てのWindowsアプリケーションのファイルの暗号化可能。

※2 中国でセキュリティシステムを使用するには、現地側で「輸入許可証」「使用許可証」を取得する必要があります。 TFGは、2011年9月2日に Secward中国 が国内製品として、中国公安部の販売許可を取得しています。それにより中国で使用する際「輸入許可証」「使用許可証」を取得することなく使用できるようになります。 使用するにあたってライセンス証書等に公安部の認可シール(下図)を添付する事が義務付けられております。Secwardジャパン社で認可シール添付のライセンス証書(有償)を発行いたします。

TotalFileGuard (TFG) の基本的な働き

画像クリックで拡大画像を表示

●ファイルは暗号化されていますが、平分ファイルと同様に扱え操作感に変わりはありません。

●万が一ファイルを外部に持ち出されたとしても、TFG管理サーバと非接続であればファイルは復号化されず、閲覧されません。

TotalFileGuardはファイルが作成・編集・複製・リネーム・移動された時に自動的に暗号化します。 そしてそのPCがTotalFileGuardの管理サーバと接続さえしていれば、ファイル使用時に自動的に復号化されます。PCがTFG管理サーバと非接続のときはファイルは暗号化されたままで開けません。
ユーザがいつもと同じようにファイルを保存して再び開くという行動をした時に、ユーザが全く意識をしないまま、ファイルの暗号化⇒復号化というプロセスが自動的に行われています。

TotalSafePrinter(TSP)

どうしても情報を社外に提供しなければならない状況で、提供先での情報の利用方法に制限を加えたい場合に利用します。提供先のPCにクライアントプログラムがインストールされている必要はありません。

閲覧/印刷制限、自動消去等の制御をファイル自体に付与させるツールです。

■特長

提供した情報のライフサイクルを自社で決定することができ、サーバの管理外でも設定されたライフサイクルに従って動作するファイルを作成できます。

■設定可能項目

閲覧回数、印刷の可否、有効日数、ウォーターマークの設定、認証方法、権限消化後の消去