製品情報

EASY DRAW

文字

FAQ・問合せ>導入後>作図>文字

  1. Φ や ±、縮小文字 の入力方法
    入力文字 表記
    Φ  
    ±  
    [ ] [ ]で囲まれた文字を縮小文字で表示します  
    _ 改行  
    突出公差域 寸法線-記号でのみ使用可能
    最大実体公差方式 寸法線-記号でのみ使用可能
    包絡条件 寸法線-記号でのみ使用可能
  1. 文字を縦書きする方法

    手法1
     文字を入力するときに、文字の次に半角で _(アンダーライン)を入力すると、縦書きのように表示できます。

    ※ Ver24以降では記入時に属性の方向を縦書きに変更することで自動的に_(アンダーライン)が挿入されます。

       例: 入力 ・・・・・ 子_供_会
           表示
               子
               供
               会


    手法2
     TrueTypeフォントで文字を記入するときは、次の方法でも縦書きできます。
     手順
      1.「設定-属性」メニュー、または、「設定-システム」の 書体 タブを
        クリックします。
      2.「和文書体1」、または「和文書体2」を選択します。
      3.設定可能フォントから@マークの付いたフォントを選択します。
      4.「設定」ボタンを押して、次に「OK」ボタンを押して設定メニューを
        終了します。
      5.「文字-記入」コマンドをクリックし、処理モードのフォントを
        「和文1(2)」に変更しコメントの位置を指定します。
      6.角度に270度を入力します。
      7.全角だけで文字を入力します。
      ※ 半角の英数字は縦書きとなりません。 
      ※ ベクトルフォントはこの方法では縦書きできません。

  1. 文字書体に@MSゴシックに設定すると文字が横になってしまう

    @マークのついたフォントは縦書き用に用います。Windowsはそもそも横書きのフォントしか持っておりませんので、縦書きフォントを使用する場合は、各アプリケーション内部で-90度、または270度回転という処理を行なって縦書きとしています。
    EASY DRAW では上記処理はおこなっておりませんので、文字を記入すると文字が横にねている状態で表示されます。

    このフォントで横向きに文字を記入したあと、「移動-回転」コマンドで、-90度、もしくは、270度回転させますと、縦書きに文字を記入するのと同じ形状となります。

    TrueTypeフォントを使用して縦書きの文字を作成する必要がある場合は、上記のような方法で記入できます。

  1. TrueTypeフォントを使い、文字間隔のみ広げる方法は

    設定-属性」メニュー、または、「設定-システム」の 書体 タブをクリックすると、「文字幅、文字間隔有効」の項目があります。
    そこにチェックを入れるとTrueTypeフォントでもベクトルフォントと同様に、文字幅、文字間隔が画面表示、印刷に適応されます。

  1. 半角文字、全角文字の大きさを画面表示、印刷ともに統一するには?

    ベクトルフォントは全角、半角の区別なく、全角文字として表示、印刷されます。 ※

    文字をTrueTypeフォントで表現したときは、全角、半角を区別して表示、印刷できます。
    設定-属性」メニュー、または、「設定-システム」の 書体 タブをクリックして、文字幅、文字間隔有効 にチェックを入れてください。
    EASY DRAW で設定されている文字の高さ、幅に変更されます。

    ※ Ver.24から「設定-属性-書体」で半角表示が設定できるようになりました。


※問題が解決しない場合は、 こちら からお問い合わせください。