製品情報

EASY DRAW

EASY DRAWコンバータ

FAQ・問合せ>導入後>EASY DRAWコンバータ

※対象バージョン

  1. コンバータの購入方法~Ver.19

    Ver.20以降のEASY DRAW には、コンバータは標準搭載しています。

    旧バージョンのコンバータの販売は終了しています。
    新たにコンバータの購入を希望する場合は、本体のバージョンアップを行ってください。

  1. EASY DRAW コンバータ にシリアル番号を登録しようとすると、番号が違う と表示される~Ver19

    次の項目をご確認ください。
    1.シリアル番号は半角で入力してください。
    2.アドミニストレータの権限を持つユーザーでログインしてください。
    3.EASY DRAW コンバータ の正しいシリアル番号を入力されていますでしょうか。
      EASY DRAW や 画像変換ツール等、他のシリアル番号と間違われていないか、
      ご確認ください。

    上記内容は正しいにもかかわらず、番号が違いますと表示されるときは、お手数ですが、EASY DRAW コンバータ のシリアル番号、及び、登録はEASY DRAW の既存修正からか、EASY DRAW コンバータからかをご連絡ください。

    ※ Ver.20からEASY DRAW コンバータ は標準装備となりました。
  1. EASY DRAW コンバータ の DXF、DWG の対応バージョン(Ver.24 現在)
    対応バージョン
    バージョン DWG/DXF → EASY DRAW ※1 EASY DRAW → DWG/DXF ※2
    GX3 ×
    GX5 ×
    Release12J ×
    Release13J ×
    Release14J ×
    Release15
    (AutoCAD2000)
    Release18
    (AutoCAD2004)
    Release21
    (AutoCAD2007)
    Release24
    (AutoCAD2010)
    Release27
    (AutoCAD2013)
    Release32
    (AutoCAD2018)

    ※1 変換時に、DXF/DWG のバージョンを自動認識して変換します。
    ※2 DWG、または、DXF へ変換するバージョンを設定する必要があります。
       バージョンの設定は「ツール-パラメータファイルの設定-DWG/DXF」メニュー、
       または「編集-変換先バージョンの変更」メニューにて設定してください。
       詳細の操作方法は、「ヘルプ」を参照してください。

  1. シリアル番号の確認方法~Ver.19

    EASY DRAW コンバータ を起動していただき、「ヘルプ-ライセンス情報」メニューを選択してください。
    ライセンス情報 の変換モジュール右側にライセンス番号(半角英数混在で15桁の番号)が表示されてる場合は、その変換モジュールのライセンスは登録されています。
    変換モジュールの右側に体験版として使用期間が表示されている場合は、その変換モジュールのライセンスは登録されていません。

  1. 「攪拌」の文字をEASY DRAW → AutoCAD に変換後、AutoCADで
    正しく表示されない

    パラメータファイルの設定を変更することで、AutoCAD での表示が可能になります。

    パラメータファイルの設定手順
    1.「ツール-パラメータファイルの設定-DWG/DXF」を選択します。
    2.「パラメータファイル設定」画面の「指定」ボタンを押して、
      ファイル「eddwg.prm」を指定します。
    3.「書体」ボタンを押して、EASY DRAW → AutoCAD タブをクリックします。
    4.「BigFont」に「EXTFONT.SHX」を指定し、「OK」ボタンを
      押します。
    5.「登録」ボタンを押し、任意のファイル名でパラメータファイルを
      登録してください。
    6.「変換設定」ボタンを押し、先ほど登録したパラメータファイルを
      指定してください。
    7.「閉じる」 ボタンを押して完了です。

    AutoCADに変換するときのパラメータファイルが、先ほど登録したファイル名かご確認の上、変換してください。

  1. DXFデータに変換、変換データの寸法値と計測値が違う

    DXF取込時、パラメータファイルで座標値をどのようにとるか設定できます。
    1.「ファイル-既存修正-他形式パラメータ設定アイコン-DWG/DXF」を
      クリックします。
    2.「パラメータファイル設定」画面の 指定 ボタンを押して、
      ファイル「eddwg.prm」を指定します。
    3.「座標」ボタンをクリックします。
    4.EASY DRAW → AutoCAD タブをクリックし、「レイヤ縮尺で座標補正」の
      チェックボックスをオフにします。
    5.「OK」ボタンをクリックします。
    6.「登録」ボタンより設定を上書き保存します。

  1. EASY DRAWの図面を他形式の図面変換で文字の位置が変わる

    変換時、パラメータファイルで座標値をどのようにとるか設定できます。
    1.「ファイル-図面登録-他形式パラメータ設定アイコン(棒グラフのアイコン)」で
      設定したいファイル形式をクリックします。
    2.「パラメータファイル設定」画面の 指定 ボタンを押して、
      ファイル「eddwg.prm」を指定します。
    3.「モード」ボタンをクリックします。
    4.「EASY DRAW → AutoCAD」タブをクリックし、[文字基準位置]を
      [フィット]に設定します。
    5.「OK」ボタンをクリックします。
    6.「登録」ボタンより設定を上書き保存します。

    また、EASY DRAWには、文字間隔がありますが、AutoCAD(DXF,DWGデータ)には、文字間隔はありません。その違いから文字がずれる可能性があります。

  1. 変換したdwgデータを別のPCで開くと、文字化け・文字不可などが発生する

    フォント設定の変更を確認してください。PCにないフォントを使用しようとすると文字化けが発生します。

    初期値の場合は、EASYDRAWでDWGに変換し、EASYDRAWで開くか確認してください。

  1. 変換パラメータファイル設定の操作説明の確認方法

    1.「ファイル-既存修正-他形式パラメータ設定アイコン(棒グラフのアイコン)」で
      確認したいファイル形式をクリックします。
    2.パラメータファイル設定画面が表示されるので右下の「ヘルプ」を
      クリックします。
    3.変換パラメータファイル設定のヘルプが 表示されます。


※問題が解決しない場合は、 こちら からお問い合わせください。