製品情報

CADSUPER

FAQ一覧

スタイル設定方法

スタイル設定方法

カレント図面で利用するスタイルセットの指定、スタイルの名称及び属性の変更ができます。使用するスタイルを事前に設定しておくことで、簡単に線種・線幅・色の切替ができ、後から要素変更で色や線幅を変更する手間が省けます。
定型文字の単語登録・使用方法

定型文字の単語登録・使用方法

よく使う文字・単語を登録しておくことにより、わざわざ文字を記入する手間が省け、簡単に文字列記入を行うことができます。
文字の縦書き方法

文字の縦書き方法

文字を縦書きで書く方法は2通りあり、必要に応じてフォントを変更するだけで簡単に横書きから縦書きに切り替えることができます。
寸法文字の一括変更方法

寸法文字の一括変更方法

ファイル変換や縮尺違いの図形を複写した時に、寸法文字の大きさが異なることがあります。その際に、一括で設定している寸法文字の大きさ、フォントに変更することができます。
定型文字の置換方法

定型文字の置換方法

図面に描かれている寸法文字や文字を選択するだけで、後からでも指定の記号や文字を追加・置換することができます。一括でも置換できるので、大幅な工数削減になります。
軸吸着ON/OFF切替え方法

軸吸着ON/OFF切替え方法

水平垂直線を簡単に作図したい場合又は、水平垂直に近い位置をマウスで指定したい場合に軸吸着のON/OFFを切替えることで、スムーズに作図することができます。
等分線作図方法

等分線作図方法

通常、等分線を作図する場合は、2線間の分割点を作図し、線を描きます。その作業が1コマンドで簡単かつ台形や扇形などの様々な方法で行うことができます。
寸法値の丸め方法

寸法値の丸め方法

取引先や自社の規定に沿って寸法値の丸め方を変更できます。また、寸法を描いた後でも、簡単に寸法値の丸め方や小数点以下の桁数を統一することができます。
寸法文字の設定方法

寸法文字の設定方法

図面の細かさにより、寸法文字の大きさや間隔を変更し、見やすい図面を作成することができます。また、変更した寸法文字設定を保存でき、簡単に切り替えることができるので、設定をやり直す手間が省けます。
文字の修飾方法

文字の修飾方法

文字記入後、簡単に四角や長丸等で修飾することができます。修飾後に文字を編集する場合は、文字と修飾した形状をそれぞれ編集するのではなく、文字に追従して修飾した形状も変形します。
文字の設定方法

文字の設定方法

図面の細かさにより、文字の大きさや間隔を変更し、見やすい図面を作成することができます。また、変更した文字設定を保存でき、簡単に切り替えることができるので、設定をし直す手間が省けます。
補助線一括削除方法

補助線一括削除方法

作図時、一時的に作成し利用していた多数の補助線を選択して削除するのは大変面倒な作業でしたが、不要な補助線を簡単に削除できる便利なコマンドを搭載しています。
文字の大きさ統一方法

文字の大きさ統一方法

文字列ごとに大きさが異なる場合に、文字サイズをチェックしながら大きさを統一する作業は大変手間がかかりましたが、指定した文字サイズに簡単に揃えることができ、大幅に作業改善されます。
データム記号・幾何公差の変更方法

データム記号・幾何公差の変更方法

データム記号や幾何公差を作図後、文字属性で文字の高さを変更したり、部品登録した三角形状を配置後、大きさを変更する作業は大変手間がかかりましたが、作図前に設定することで、大幅に作業改善されます。
環境移行方法

環境移行方法

パソコンが壊れて新しいパソコンに変える際や、複数のパソコンを同じ環境にしたい際に簡単にCADSUPER/Liteの環境を保存し、復元・移行できます。 日頃からバックアップファイルを作成しておくと安心です。
記号の入力方法

記号の入力方法

今まで線画で作成した形状を代用していた為、余分な時間がかかっていましたが、コメントなどに簡単に追記することができ、非常に便利となりました。 深ざぐり・皿ざぐり・穴深さを表す記号を作成し、張り付けるという手間が大幅に改善されます。
部品置換コマンド

寸法線選択削除コマンド

配置後の機械要素部品を、書き直すことなく、同一部品の径や長さの変更、種類の変更・逃し穴など、図面内の機械要素部品データを選択するだけで簡単に変更を可能としました。 配置した部品の切り替え時に部品を削除し、再度配置し直すという手間が大幅に改善されます。
寸法線選択削除
コマンド

寸法線選択削除コマンド

任意の種類の寸法線を選択できるので、寸法線の描き直しなどの作業が非常に簡単になりました。 削除する寸法線の種類を選択するだけで、簡単に寸法線が選択できる便利なコマンドです。
寸法線修復コマンド

寸法線修復コマンド

投影図が更新された時に追従し切れなかった寸法線を簡易に判定/修復できる「寸法線修復コマンド」をご紹介いたします。 投影図で生成された寸法線に限らず、図形の変形などで形状変更後に残った寸法線などの修復にも利用することができ、非常に便利なコマンドです。
投影図編集機能

投影図編集機能

3D図面展開機能は、設計者の意図とする3面図・5面図・断面図を簡単に作成することができます。 投影図の編集機能(隠線追加・隠線削除・断面隠線追加・面取り線削除)が新たに追加され、隠線操作が非常に簡単になりました。
自動復帰機能

自動復帰機能

アプリケーション起動時に、前回終了時の登録情報を参照し、前回の状態を再現できる「自動復帰機能」をご紹介いたします。 前回の環境でアプリケーションが起動し、すぐに作業をおこなうことができ、起動時の時間短縮がおこなえます。
表示範囲取込/設定

表示範囲取込/設定

任意の範囲を表示範囲として指定し、その範囲をすぐに表示できる「表示範囲取込/設定コマンド」をご紹介いたします。 組図などで複数の箇所を切り替えながらの設計作業で登録した表示範囲にすぐに切換できるので表示操作を極力抑えることができます。
ファイルリスト機能

ファイルリスト機能

CADの図面として複数の図面を一塊として扱いたい場合があります。 このような場合に扱いやすいように、一連のファイル群を1つの「ファイルリスト」として扱える機能をご紹介いたします。
コーナーR
変更コマンド

コーナーR変更コマンド

図面内のコーナーRを簡単に変更したい!そんなときに便利な「コーナーR変更コマンド」をご紹介いたします。 入力した値でコーナーRを変更できるだけでなく、既に描画しているコーナーRの値を取り込み同様のR値に変更修正できるので非常に便利なコマンドになっています。
断面図コマンド

断面図コマンド

3次元のデータより投影図を作成し、その一部分をカットして断面を取ることはよくあります。そんなことが簡単にできる「断面図コマンド」をご紹介いたします。 断面を取りたい部分で直線カットし、簡単に断面を作成してくれる便利なコマンドになっています。
部分保存機能

部分保存機能

図面内の指定した一部分だけをデータ保存したい!そんなときに便利な「部分保存コマンド」をご紹介いたします。 同じ縮尺のデータの部分保存はもちろんのこと、異なる縮尺のデータも部分保存することができる便利なコマンドになっています。
体積計測機能

体積計測機能

図面内の領域(形状)からちょっと体積を算出したい!そんなときに便利な計測の「体積コマンド」をご紹介いたします。 また、材質(比重)を登録することができるので、重量計算も簡単におこなうことができる非常に便利なコマンドになっています。
統合複写機能

統合複写機能

要素を選択した後で、移動/複写のどちらの動作をするのかを指定できる「統合移動複写コマンド」の機能についてご紹介します。1つのコマンドで複写も移動もできるので、コマンドを分ける必要もなく、要素を確定した後で動作を選ぶことで、移動/複写コマンドの選択ミスでやり直していた作業がなくなります。
フォルダチェック機能

フォルダチェック機能

システム起動時に、システムローカル設定で指定されているフォルダが、破損(削除されたり、フォルダが変更されたり)した場合に、メッセージを表示するようにしました。
角丸め面取り強化

角丸め面取り強化

図形のコーナーに角丸めや面取りを行う時に形状確認を簡素化し、スムーズに角丸めや面取りを行えるように機能拡張しました。より操作回数を減らすことができるようになりました。
投影図拘束機能

投影図拘束機能

3次元モデルから配置した投影図(正面図・平面図・側面図など)を水平・垂直方向に拘束をつけるときに、軸方向に固定されることなく、直感的な配置ができるようになりました
ツリー表示切替

ツリー表示切替

図面を読み出す時に表示されるファイル選択の画面では、フォルダ表示、ファイル名表示などを行っております。 ツリー表示の切替を行うと別のフォルダ参照画面で操作できるようになり、選択作業が便利になります。
グループ解除

グループ解除

作図操作で図形・寸法・曲線などをグループ化することがよくあります。 グループ化を何回も繰り返し行っていると、グループ解除もその分繰り返す必要がありますが、そのグループ解除を一括で行えるようになりました。
未使用属性最適化

未使用属性最適化

図面内に使用していないレイヤ(レイヤセット)・線種・線幅・色・書体など、不要な属性を一括で削除し、最適化するコマンドが搭載されました。 旧FX図面を取り込んだ際、自動的に全レイヤを作成している図面や実際に使用していない線種などが多く存在する図面を簡単に最適化できるので、編集作業に便利です。
線端簡易変更

線端簡易変更

図面内に描かれている寸法線や要素の線端形状を簡単に変更することができるコマンドが搭載されました。 簡単に線端を変更できます。
コンバータ強化2
(DWG/DXF→CADSUPER)

コンバータ強化2(DWG/DXF→FX2)

AutoCADの「レイアウト空間」(図面のイメージ/縮尺対応)の情報の取り込み/書き出しが可能となり、AutoCADとの互換性を強化しました。ビューポートのサポートをすることで、AutoCADでの見た目とFXⅡでの見た目が一致する上、半径や長さの尺度を保持した状態での変換が可能となりました。
距離/角度吸着機能

距離/角度吸着機能

「距離・角度吸着」機能を搭載いたしました。従来の「軸吸着機能」(水平・垂直軸の位置で吸着される機能)に加え、距離や角度に対しても吸着するようになり、部品を一定の距離に移動したり回転させるときにより便利になります。
要素限定表示

要素限定表示

「要素限定表示」機能を搭載いたしました。要素限定表示とは、必要な要素のみを表示させ、その他の要素をグレイアウトもしくは非表示にする機能です。
パラメトリック機能

パラメトリック機能

2次元パラメトリック機能を搭載いたしました。類似製品を設計する場合に、寸法値を変更するだけで類似形状を作図できる為、設計意図を組み込むことができるのでとても便利です。毎回変形コマンドで形状を変形するのではなく、パラメトリックの数値でコントロールするだけで、形状変更が簡単に行えます。
PDF保存対応

PDF保存対応

CADSUPER図面をPDFデータで保管したい場合、従来はAcrobatを準備するか、もしくは無償の出力用ドライバを準備する必要がありましたが、Ver.8からは何も準備する必要がありません。
図面比較2

図面比較2

前回ご紹介いたしました、2枚の図面を重ねて相違点を検出する「図面比較機能」について、多くの反響とお問い合わせをいただき、今回は、機能紹介に加え、操作手順をご紹介させていただきます。
図面比較機能

図面比較機能

今まで多くのご要望が寄せられました『図面比較機能』をCADSUPERで遂に搭載しました! この機能により、図面の修正箇所・変更箇所を目ですぐに確認でき、検図(チェック)などが容易に行えます。