社長挨拶

約50年の実績と培った技術、
そして人財でこれからも社会に貢献していく。

 成長著しいIT業界において、弊社は創業時よりCAD技術をコア事業にしながら、システムおよびソフトウェア開発を行っています。
 2017年に代表取締役に就任して以来、お陰様で毎年増収増益を達成。今後も市場のニーズを見据え、さらなる拡大につながる事業を展開していきたいと考えています。




 弊社は2022年に設立50周年を迎えますが、長年にわたり成長できたのは社員の努力と、多くのお客様とのパートナーシップで、同時にそれが強みであると自負しています。お客様から信頼されることがなにより重要であり、単なる“ソフトウェアハウス”ではなく、お客様のニーズに高度な技術で応える“テクノロジーカンパニー”を目指していきます。
 そして、企業を発展に導くのは人。
 企業は人で成り立ち、弊社の社員は材料の人材ではなく、財産である人財と考えています。弊社の事業を遂行する人財が社会に貢献していくのですから大切に扱い、財産を最大化することが私の努めです。




 IT業界には様々な会社があります。就活生は、見かけの良さや流行りで会社を選ぶのではなく、将来をしっかり考えて会社を選ぶべきだと思います。
 弊社は技術の会社です。

 技術は常に進化し、新しいものを追い求めていくことにやりがいと成長があります。
 自分の考えを持ち、何事にも本気で向き合える人に、弊社の人財となって活躍してもらいたいと思っています。


アンドール株式会社 代表取締役社長 
栗原 高明