社員紹介

CADとIT関連サービスの
両方を展開している
ユニークな会社

首都圏技術部 課長代理 (2010年 中途入社)

I.Kさん 日本工学院専門学校卒

I.Kさん 日本工学院専門学校卒

「現在のお仕事」
心がけているのは健康で元気に仕事をすること

1989年に社会人になって29年、カーナビのファームウエア、建設業や大手ゼネコン、最も長かったのはIT系商社で2次元CADのデータ管理を13年ほど携わるなど、様々な開発に関わってきました2010年5月に中途採用でアンドールに入社し、ECサイト運営している会社で、構築や保守運用を担当し、現在に至ります。課長代理となってからはスーパーの従業員が使う在庫管理のシステム開発に携わりながら、部下の育成をしています。

仕事をする中で心がけているのは「元気に働こう」ということです。健康であれば、キャンプに行ったり、バーベキューをやったり、海に行ったりなど、自分の好きなことが何でもできますから。これは仕事でも同じです。ですから、若い頃から元気が一番だと思い、元気に働くことを意識しています。



「入社のきっかけ」
上司やグループ会社の社員にも気軽に相談できる

8年前の独身だった頃、「新しいことにチャレンジできるのは今だけだ!」と思って、転職することにしました。以前からアンドールの2次元CAD「CADSUPER」はCAD業界では有名で、私も知っていました。CAD関係の仕事に携わっていたこともあり、2次元CADを開発している会社ならもっとCAD関係の仕事に携われるかもしれないと思い、入社しました。

 アンドールの面白いところは、CADソフトの開発以外にも、IT関連サービスも展開しているところです。ITサービスも提供しているCAD会社は他にはなく、そこにアンドールの独自性があると思います。
入社した後は、私の技術力も買ってくれたこともあり、大きいプロジェクトに配属しました。はじめは分からないことだらけでしたが、お客様先に常駐していても、上司にも気軽に相談できたのが非常にありがたかったです。部下や新人を育成している今、今度は私が相談しやすい先輩になれるように、日々仕事に取り組んでいます。




「仕事でのやりがい」
一番嬉しいのは若い社員が活躍する様子を聞くこと

昔の私は技術力を褒めてくれることが嬉しかったですが、最近は若い社員が活躍しているとの報告を聞くのが嬉しくなりました。アンドールでは月1回帰社日を設けていて、そこでいろいろ相談されたりします。特に若手社員が成果を上げていることを聞くのは楽しく、自分のことのように嬉しいです。50歳になったので、これからは自分が新しい技術を身に付けるよりも、若い社員が頑張れる環境を作り、将来有望なエンジニアを沢山育てたいです。



「就活中の皆さんへのメッセージ」
成長途上で伸びしろが大きく、自由に仕事ができる



アンドールはまだまだ大きく成長する、成長途上の会社です。若い社員が多いですし、何より会社が技術者をサポートしようと動いてくれているのも魅力的です。就活生の方も転職を考えている方も就職先の候補にして貰えるとうれしいです。

 特に学生の皆さんは、「これがやりたい!」という目標がはっきりと定まっていなくても、「こんなエンジニアになれたらいいな」ということを想像してみましょう。そして社会に出てノウハウを身に付け、経験をもとに、目標を決めていきましょう。自分に合っているポイントを探してみれば、多種多様な業務の中できっと自分に合った目標がきっと見つかると思います。