製品情報

STL工房2 ポリゴンデータ編集システム

概要

昨今、3 次元計測器や3Dプリンタの活用に伴いポリゴンデータを取り扱う機会が増加しております。
お客様よりファイル容量が膨大になり大容量のデータを取り扱うのに時間がかかるなどの、大容量デー
タに対する解決策のご要望を頂いておりました。


STL 工房2は熟練を要するパラメータ値を自動で初期設定しWindows ソフトに準拠したユーザインタフェースで大容量のポリゴンデータを効率よく表示制御できるようにいたしました。
また、国立研究開発法人 理化学研究所で開発されたポリゴン編集アルゴリズムの搭載により、高性能で高品質なデータ編集を容易に行うことで、技術者の作業負荷を軽減します。

 

STL編集システムの図解

製品ラインナップ

ポリゴンデータを取り扱う専用機能として、 「クリーニング」「細分割」「簡略化」「スムージング」 「穴埋め/立体穴埋め」「デフィーチャー」「中空化」「表裏反転」 「リメッシュ」「ラッピング」「フェイス/シェル削除」「フェイス作成」 等の機能を搭載しており、 利用用途に合せて4つのモデルが用意されています。 また、対応するデータフォーマットとして、STL 以外にOBJ, PLY, OFF の入出力が可能です。

  プレミアム
モデル
クリーナー
プラス
モデル
クリーナー
モデル
簡略化
モデル

フェイス削除
シェル削除
表裏反転 [V1.2]
フェイス作成 [V1.2]

プロパティ表示
座標値表示 [V1.2]
距離測定 [V1.2]
距離分布 [V1.2]




フラット・ワイヤ
・ポイント表示
前後比較
途中経過表示・出力*
座標値表示、距離測定
処理前後の離れ距離マップ
アンドゥ・リドゥ





STL
OBJ
PLY
OFF

*対応機能は簡略化、スムージング、リメッシュになります。

クリーニング

1クリック操作で不正なポリゴンを修正する

『ポリゴンメッシュクリーニング』

表裏不整合、スリット、穴、微小三角形、鋭三角形、多重連結、三角形間の折り重なり、非連結部への自動的な対応処理を行います。

 

●クリーニング機能

面の裏返りや、微小な隙間など、3Dプリンタで出力する際にメッシュの問題箇所を、初心者でも簡単に修正することができます。
・ 検査項目が多く(図中①)3Dプリンタ出力時に問題となる様々なメッシュの問題箇所を検査・修正することが可能です。
・ 要因別に問題のあるメッシュの問題箇所を確認できます。(図中②赤色表示)
・ 一括修正の他、要因別にクリーニングすることも可能です。
・ パラメタの設定によりトレランスや穴埋め方法などを制御することが可能です。

クリーニング

 

 

 

●対応できるエラーの種類

表裏不整合Tジャンクション微小エッジ微小フェース/鋭三角形

非多様体フェース間の折れフェース間の折れ

画像クリックで『対応できるエラー』の拡大画像を表示します。

細分割

STLデータ形状のふくらみを考慮する

『ポリゴンメッシュの細分割』

3Dプリンタで出力する際やCAMで工具軌跡を求める際に、ポリゴンメッシュが粗いと、ポリゴンの平面が目立ち、滑らかな造形物を作ることができません。
周辺のポリゴンとの位置関係から、各ポリゴンの三角形内部のふくらみを推定し、ふくらみを考慮した細かなポリゴンに分割する機能です。
本ソフトウェアでは、折れている稜線[sharp edge]を自動認識し、折れている個所を考慮した分割を行うことができます。

ポリゴンメッシュの細分割①

画像クリックで『ポリゴンメッシュの細分割①』の拡大画像を表示します。

ポリゴンメッシュの細分割②

画像クリックで『ポリゴンメッシュの細分割②』の拡大画像を表示します。

株式会社イーフロンティア様 提供 )

簡略化

STLデータを軽量化しつつ形状の特徴を保つ

『ポリゴンメッシュの簡略化』

ポリゴンのデータサイズを削減するために、ポリゴンメッシュの形をできるだけ変えないようにして、ポリゴン数を減らす機能です。
本ソフトウェアでは、ポリゴンメッシュが折れている部分は弱く簡略化し[simplify]、その部分から遠ざかるに従って次第に強く簡略化することができます。


理研ロゴ

※ポリゴンメッシュの簡略化
『理化学研究所 産業界との融合的連携制度の成果』

ポリゴンメッシュの簡略化1

画像クリックでCADデータをSTL化…『ポリゴンメッシュの簡略化』の拡大画像を表示

ポリゴンメッシュの簡略化2

画像クリックでCT装置で測定しSTL化…『ポリゴンメッシュの簡略化』の拡大画像を表示します。

スムージング化

STLデータ形状の特徴を保つ

『ポリゴンメッシュスムージング』

3次元計測装置から得られるポリゴンメッシュは、装置のノイズなどのために表面に微細な凹凸があります。 このようなざらついたポリゴンメッシュを滑らかにする機能です。
従来のスムージング方法では、折れている稜線[sharp edge]が丸みを帯びる[round]ことや、丸みを帯びた稜線[rounded edge]の丸み半径が大きくなるという傾向がありますが、本ソフトウェアでは、稜線の丸みの変化を少なく保つことができます。

ポリゴンメッシュスムージング1ポリゴンメッシュスムージング2

画像クリックで『ポリゴンメッシュスムージング』の拡大画像を表示します。

穴埋め

穴埋めしたい箇所を個別に指示で穴埋めできます。
【穴埋め】
個別に指示した穴を埋めます。

【部分穴埋め】
個別に指示したメッシュ外周の凹部分など、シェル境界の一部分だけを埋めます。

 

リメッシュ

後工程で利用しやすいように、正三角形に近いメッシュを再作成します。

ラッピング β版

外側のメッシュを利用してメッシュを再作成します。
内部データの不正による3Dプリンタのエラーを回避できます。

・内部に開いた面が残り、スライスデータが作れない
・重なってできた空間にサポート材が付いてしまう
・内部空間に出来たサポート材が取り除けない 等

※ラッピング機能は、β版として提供します。

中空化

立体のポリゴンメッシュから、指定した量の厚みをつけて、空洞を持つ薄肉立体を作ります。

立体穴埋め

メッシュにあいた貫通穴や袋穴を検出して埋めます。

デフィーチャ

メッシュにあいた貫通穴、袋穴、突起など特徴的な部位を、利用者が範囲を指示して取り除きます。

不要形状を囲って実行ボタンを押すだけ。

特徴 大規模モデル対応

5,000万フェース規模のモデルにも対応が可能です。

計算事例
PCスペック core i7-3770K CPU @ 3.5GHz,メモリ32GB
46,040,869フェースから99%削減、460,409フェースの実行時間 20分