製品情報

CADSUPER Lite

概要

製図機能に限定し、シンプルなメニュー構成で直観的なオペレーション操作を実現しました。設計現場以外にも営業・製造現場や協力会社など幅広いユーザ様にご満足いただける環境を提供いたします。

 

 

<デュアルディスプレイ画面イメージ>

CADSUPER Lite 2022年度版の主な特長

1.コンソールパネルの強化

コンソールパネルにステータスバーにあるガイドメッセージを表示するようにしました。これにより、視野をあまり動かすことなくガイドメッセージを確認することができます。また、コンソールパネルのボタンに、溝形鋼と角形鋼管を追加しました。従来は入力時にカッコや四角と入力し、変換を行っていましたが、ボタンをクリックするだけで、溝形鋼と角形鋼管の記号を入力できます。

2.フォルダ利用履歴表示

図面を開くまたは、保存したフォルダを履歴として表示する機能を搭載しました。これにより、図面や日によって利用するフォルダが違う場合に、便利な機能です。

3.サーチループ機能

閉ループ検出時に内包する閉ループを検索する設定と、範囲を指定して閉ループを検出する設定を搭載しました。これにより、穴の開いている部分や複数個所にハッチングを行う際に、複数の閉ループを選択するという面倒な操作がなくなります。

4.2ウインドウ連動機能強化

図面のサイズや縮尺が異なり、表示倍率が違う場合、2つのウインドウを連動して同じ移動量、図面を移動することは難しかったですが、新しく「図面の拡縮/移動量で連動」機能が追加され、表示倍率が異なる場合でも、2つのウインドウを同じ移動量、動かすことができます。

5.マウス位置のカレント図面化

マウスジェスチャ起動時にカレント図面を切り替える機能を搭載しました。これにより、コマンド実行中、クリックで図面を切り替えることができない場合でも、カレント図面に切り替えたい図面上でマウスジェスチャを起動すると、簡単に切り替えることができます。

6.PDF出力時の連結数指定、印刷方向維持機能

出力ユーティリティを使用して、複数図面を1ファイルに連結し、PDF出力後に連結枚数を指定できるようになりました。これにより、毎回連結枚数が異なる場合、設定で変更する手間を省くことができます。また、印刷方向の縦横切り替え情報を維持できるようになり、毎回印刷方向を変更する必要がなくなります。


CADSUPER 2021年度版の主な特長▽クリックで表示/非表示

CADSUPER 2020年度版の主な特長▽クリックで表示/非表示

シンプルな操作性

ひとつひとつの図形の作成から最終的なモノの図面まで一連の作業を少ないステップ数で、設計者の思考を中断することなく製図作業が行えるように設計された作図コマンドを搭載しています。寸法線コマンドでは、1つのコマンドで水平・垂直・平行寸法線を作図することが可能で、さらに寸法入力中に寸法線の統合・分割・追加や文字移動などの編集操作もでき、ユーザの立場に立った使いやすさを追求しています。
部品表・注記・コメントなどの文字記入では、あらかじめ登録された語句をボタン選択するだけで横書き・縦書き・引出し形式で作図出来る文字-定形コマンドが便利です。

 

 

JIS標準部品/部品機能

機械設計でよく利用するJIS標準機械部品のねじ・鋼材部品を標準搭載しています。配置したい部品形状と寸法を選択し、配置位置を選択するだけで簡単に部品配置することが出来ます。配置された部品の個数を集計して部品表を作成することやExcelと連携することも可能です。

豊富なデータ互換性

Windows版CADSUPERシリーズ(SX/JX/FX)のデータをダイレクトに読み込みができます。DXF/DWGデータ及びMICROCADAMデータのコンバータを標準装備し、さまざまなCADデータを有効活用可能です。 DXF/DWG変換コンバータでは、取引先毎に異なる図面仕様に合わせて細かな変換パラメータの設定が可能です。パラメータ設定は直感的で変換結果がわかりやすいユーザーインターフェイスを採用しています。